FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
08.14

お盆の由来について

Category: お盆
お盆」の由来についてです。

昨日書いたように、「お盆」は正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。

「盂蘭盆会」はサンスクリット語で「ウランバーナ」と言い、意味は「さかさづりの苦痛」です ('∀`)

ここまでは昨日書きましたね (#^.^#)

その「さかさづりの苦痛」の由来について、今日は書きますね。

「仏説盂蘭盆経」という経典によると、お釈迦様の十大弟子の一人に「目蓮尊者」という人がいます

img20090328174555165.jpg
この人です (´∀`*)

目蓮尊者が神通力で亡き母の姿を見たところ、母は餓鬼道に落ちてさかさづりの苦しみを受けていたそうです (;゚Д゚)!

そこで目蓮尊者は、釈迦にどうしたら良いか尋ねると・・・
「7月15日に夏安居(げあんご)という僧の修行が終わり、多くの修行僧が集まるので、食べ物を施して供養をしてもらえば、母は餓鬼道から救われる」
と教えられたのです。

そのとおりにしたところ、目蓮尊者の母は救われたそうです よかったよかった (;´∀`)

000000035.gif


これが「盂蘭盆会」(お盆)の始まりだそうです。

お盆にはちゃんとご先祖さまにお供え物をしてお参りしましょうね ヽ(*´∀`)ノ


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
08.13

お盆~新盆・初盆について

Category: お盆
今日から「お盆」の入りですね。

お休みの方も多いでしょうね~ (*´∀`*)

葬儀社・花屋は仕事です!!

羨ましくなんてないです!! (=_=)

なので、「お盆」について書きますね。

「お盆」とは、正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といいます。

語源は、サンスクリット語の「ウランバーナ」に由来するといわれてます。

「ウランバーナ」とは「さかさづりの苦痛」と言う意味だそうです ('∀`)

そんな意味だったんですね Σ(゚д゚lll)

「さかさづりの苦痛」については、長くなりそうなので又の機会に書きますね (#^.^#)

お亡くなりになって初めて迎える「お盆」を「新盆」または「初盆」と言います。

四十九日前にお盆を迎える場合は、翌年が「新盆」になります。

「お盆」にはお仏壇に「盆提灯」を飾りましょう ヽ(*´∀`)ノ

topmessage1.jpg

一般的に「新盆」では、「白提灯」に「家紋」をいれたものを一対飾るのが良いでしょう。

「お盆」にはご先祖様が迷わないように飾ってくださいね \(^o^)/
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。