FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.30

ボビー・オロゴンと学ぶニッポンのお葬式!?

Category: 葬儀のマナー
何故か分からないのですが・・・「ボビー・オロゴン」のお葬式に関する動画があったので ( ´ ▽ ` )ノ



[広告] VPS




完全に「コント」ですね O(≧▽≦)O



実際にこんな外国人が会葬に来たらビックリですよね (>_<)




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
01.26

宗教者への連絡は?

Category: 葬儀の質問
今回は「宗教者への連絡」についてです。



いつ連絡するべきか・・・って事なんですが (´Д` )



安置場所が決まったら連絡するとよいと思います (´∀`)



僧侶



連絡が取れたら、宗教者に「安置場所」と「安置される時間」をお伝え下さい ( ´ ▽ ` )ノ



死後、なるべく早めに枕経をあげていただきます。



枕経



枕経の時には、家族は普段着のままでかまいません (^ω^)



枕経が終わってから、葬儀の日取りを宗教者と打ち合わせします。




Comment:1  Trackback:0
2013
01.23

事前に見積書を発行してくれるか?

Category: 葬儀の質問
今回は「事前相談の見積書」についてです。



ある程度の希望の葬儀内容が決まっているのなら、見積書を発行してもらう事が出来ます (´∀`)



事前に見積書を発行しない葬儀社でしたら、依頼しない方がいいです!!



見積の段階で確定しないのは、返礼品や料理といった会葬者の数によって変動するものです (´Д` )



見積もりの段階で「会葬者50名」位で予想しても、実際には200名位参列する事はよくある話です (*´д`*)



返礼品は一般的には返品がききますので、多めに頼んでおくことをお薦めします ( ´ ▽ ` )ノ



img_mitsumori.jpg

Comment:0  Trackback:0
2013
01.21

悔いのないお葬式にする為の打ち合わせ

Category: 葬儀の質問
今回は「悔いのないお葬式」です



良い葬儀社であれば、まずはご家族の意向に耳を傾けます



ご家族の気持ちをきちんと理解出来ないと、そのご家族にあった葬儀を提案出来ないからです (´Д` )



ドンドンと勝手に話を進めちゃう葬儀社は、決していい葬儀社とは言えないでしょう (>_<)



なので、葬儀社から細かい所まで質問したりしますし、また、ご家族からも分からない事があれば、ドンドン質問しましょう (´∀`)




普通、お葬式に慣れている人はほとんどいません (´Д`;)




決して、知らないと恥ずかしいという事はありません!!




聞かずに後から「知らなかった」と悔いを残さないように、納得できるまで打ち合わせしましょう o(^▽^)o




無題

Comment:0  Trackback:0
2013
01.18

生花祭壇  part④

Category: 生花祭壇
今回は久々に「生花祭壇」です。



最近はあまり祭壇の写真を撮ってなかったので・・・(´・_・`) 今年に入ってなるべく撮ろうかと (;´д`)



ではでは、まずは・・・



DSC_0200.jpg


お寺の意向で白上がりなんですが、女性の方なので柔らかいイメージを持たせたかったので、


スプレーマムストックを多めに使用してみました (^O^)



続いては・・・



DSC_0209.jpg



先ほどの祭壇よりのパターンで大きめな物です (^-^)



こちらも女性でしたので、スプレーマムを多く使用して柔らかさを表現してみました ( ´ ▽ ` )



今後も少しづつでも撮っては行こうと思います (^ω^)




Comment:0  Trackback:0
2013
01.16

事前に考えておくこととは?

Category: 葬儀の質問
今回は「事前に考えておくこと」です。



できれば、事前にご家族でどういう葬儀を行なうべきか相談しておくと良いでしょう (^ω^)



①故人をどういう想いで送ってあげたいか


これが最も大切なことです (;´д`)



②宗教の確認


ご自分のお宅がどの宗教・宗派なのか確認しておきましょう。



③喪主を誰にするか


「喪主」は家族の代表です。一般的には配偶者や長男が務めるケースが多いです (^-^)



④予算


事前に自己負担できる金額を決めておくといいでしょう。また、香典による収入もあります (´ω`)



⑤会場


最近では、葬儀専門の会場が増えております。しかし、寺院の檀信徒ならば、お寺でのお葬式も選択肢の一つです (´∀`)



⑥遺影写真


後々残るものですから、より良い故人らしいお写真を選んでおくと良いでしょう (*´∀`)



flo_pic_004.jpg

Comment:0  Trackback:0
2013
01.14

病院からご遺体が搬送される時は・・・

Category: 葬儀の質問
今回は「ご遺体の搬送」についてです。



医師によりご臨終が確認されましたら、「死後の処置」がありますので、医師又は看護師に処置の時間を確認して下さい ( ´ ▽ ` )ノ



確認してから、事前に決めておいた葬儀社に連絡を!!



電話をして、病院名・病棟・病室・亡くなった方のお名前・連絡をしている方のお名前・処置の終了時間・そして、緊急連絡先の電話番号(携帯電話等)をお知らせ下さい (^-^)



連絡を受けた葬儀社は寝台車で、病室又は霊安室までお迎えに上がります ( ´ ▽ ` )



nagare01.gif



また、ご遺体の搬送先を決めておく必要があります (;´д`)



img_flow02.jpg



通常であればご自宅にお帰りになるのが良いのですが、様々な事情で自宅には戻れない場合が増えてます (>_<)



葬儀社には、会館や遺体安置所等がありますので確認しておくと安心ですよ (^ω^)




Comment:0  Trackback:0
2013
01.13

いざという時に ~ 死亡が判定される時は・・・

Category: 葬儀の質問
今回は「亡くなられた時」の話です。



病院であれば、医師によって死亡と判断されると、患者の身につけられていた点滴器具等が外されます。



そして、医療関係者の手で「死後の処置」(「エンゼルケア」ともいわれます)が施されます。



病院によっては「死後の処置」の時に「末期の水」を行なう所もあります (^-^)



「末期の水」とは、立ち会った人が順に綿棒に水を浸し、亡くなった方の唇を潤します (^_^)



Illust1_4.gif



最後に新しい浴衣に着替えます (*´∀`*)



その時に、医師から「死亡診断書」が渡されるので、忘れず受け取って下さい ヽ(´ー`)ノ



flow03_1big.gif


その後、役所に「死亡届け」を提出して、「火葬認可書」を貰うときに必要になります ( ´ ▽ ` )



なくさないで下さいね~ ( ´ ▽ ` )ノ




Comment:0  Trackback:0
2013
01.11

お葬式をする意味とは

Category: 葬儀の質問
今回は「お葬式の意味」についてです。



かなり深いテーマですが (´Д`) しっかり伝えておかないと、「お葬式なんていらない」と言うバカみたいな本が出たりしますからね ( ̄▽ ̄)



昔から人間は、身近な人が亡くなった時、悲しみ・嘆いたりして、亡くなった人を大切に葬って来ました。



それこそがお葬式のプロセスだと思います。



ですから、お葬式は「しなければならない」と言う物ではなく、自然と「せざる得ない行為」なのです ( ̄^ ̄)



何も、たくさんお金をかけなくてもいいんです!!



宗教や地域性・家族関係によって人それぞれですから、お葬式の執り行い方もそれぞれです!!!


要は、亡くなった故人を深く思い、悲しみ、心を込めて送り出す事が重要です o(^▽^)o



死者を弔い、葬ることが人が人たる所以で、他の動物との大きな違いです (*´∀`*)



「葬式なんていらない」と言うのであれば、動物と変わらないんです!!



061501.jpg

Comment:0  Trackback:0
2013
01.05

葬儀のマナー ~ 挨拶 会社参列編

Category: 葬儀のマナー
今回は「挨拶 会社参列編」です



動画でご覧下さい (^O^)



[広告] VPS




基本的には長々と話しかけないのがポイントですね ( ̄▽ ̄;)



Comment:0  Trackback:0
2013
01.02

あけましておめでとうございます New\(*^▽^*)/Year

Category: 未分類
皆様!!あけましておめでとうございます (^O^)


31日から元日、2日と公私共にバタバタしておりました (´Д`)



っと言い訳しつつ ( ̄▽ ̄;) 新年のご挨拶です ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



今年も宜しくお願い致します m(_ _)m



sichi03_01.jpg

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。